共働きSEは今日も窓際で育児時短勤務

家ではワンオペ可能なデキるイクメンだが、会社では窓際族のSE。クビにならないのをいいことに育児時短勤務を取得し、1日6時間半しか働かない。

こどもの日・・・念願のあの本を! 3歳児の本選びが難しい悩み。

こどもの日。

妻の家では本を買う習慣があるようで、プレゼントに本を買いに行った。

実は、勇者はずっとずっと欲しがっていた本があって、

ついについに念願かなって、

ようやく手に入れることになった。

 

 

いや、もうね、トリハダもんだよね。

寝る前の読み聞かせとかちょっと勘弁してほしいのだけど。

なんで男の子って昆虫が好きなんだろう。我輩そこまで好きじゃなかった。。。

かなりの田舎育ちなので「虫とか余裕でしょ」って言われること多いんだけど、

はっきり言って「虫怖い!」

 

夜中に巨大なムカデが枕元に「ボトッ」って落ちてきたりするんだよ。

もうトラウマもんよ。

 

前置きが長くなったけど、本題。

この本になったのには本人の希望によるんだけど、半年前くらいから本選びが難しい。

赤ちゃんの時は「赤ちゃん向けの本コーナー」がしっかりとあって、2歳児くらいまでは絵本コーナーが充実してて、選ぶのに迷わなかった。

でも3歳後半くらい向けのコーナーが、ちょうど、無い!(本屋の怠慢?)

最近は、絵本じゃ満足しなくなり、でも字がまだ読めないから小説みたいなのはちょっと。。。。ってなるんだけど、なんかちょうど中間の本が無い。

親から上手くオススメすることができないんで、本屋で自由に手に取らせて読ませ(1~2時間とか!)、自分でほしいの探させても、「欲しいのが無かった」となり何も買えずに帰宅すること数回。もはや新刊難民。寝かしつけのその本、もうパパもママも飽きちゃったよ。。。

 

ちょっと難しくて子供に何か影響を与える、それでいて興味をそそるような、そんな親目線な本が無いものかと、なんか超絶都合がよいことを悩んでいる今日この頃。

実は本屋じゃなくて、図書館に行くと良いのがあるんだけどね。

返すのめんどくさいよね。

 

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
ちなみに勇者は特にダンゴ虫と蟻がお気に入り。