共働きSEは今日もイクメンと窓際の狭間

35歳。時短勤務中の共働きSE。イクメンだが窓際族。一発逆転狙いで投資に夢中。趣味のロードバイクは最近始めたばかり。

雪降って意固まる

月曜日、雪が降って大わらわ。普段だったら午後休くらいの勢いで帰宅するのだが、この日に限って会議がある。その上、翌日は朝から客先訪問。

雪が降る前に帰りたい。明日も雪が積もっていたら出社したくない。ソワソワ。

 

ソワソワしててもしゃーないんだけどね。やることやらないと。

 

まずは社内会議。

 ⇒ 家遠い人がいてあっさり延期。これで早退決定!

 

次、客先訪問。これは、3社で会う約束だからめんどい。とりあえずお客さんに電話。

 ⇒ 「路面凍結とかあるしやめましょう。リスケで。」とのこと。

 

あっさり、決着。

 

なんていい労働環境なのか。14時には自部署の人がほとんどいなくなり(自分の部署は開発系なので運用と違ってとってもフレキシブル)、お客さんも無理してこいとか言わない(お客さんと言っても同じグループ内なので、やはり優しい)。

「保育園には16時には到着し、お迎え一番乗り!なんで今日はこんなに早いの?」とめっちゃ嬉しそうに言われてしまった。

 

この騒動で、1つ、決めた。

ずっと悩みのタネだった転職活動、おしまいにしよう。そうしよう。

 

仮に仕事が退屈でも、給料がそこまで良くなくても、今優先すべきはやはり育児。求人を見てるけど、どうやっても今より20分以上遠いところばかりだし、転職直後に時短勤務なんて取れるワケないし、自分の裁量で調整できる幅も減るだろう。

 

もちろん、頑張れば転職しても育児を両立できる可能性はある。何しろ今ゆとりがあるから。そのゆとり部分を削ってやればいい。例えば、毎朝子供と遊んでから保育園行ったり、帰宅後にご飯作る前に戦いごっこしたり。そういう時間。

でも、こういう楽しい贅沢を犠牲にしちゃもったいない。そもそも、「精神的・肉体的にゆとりのある家庭&育児」がモットーなのに、転職活動はその大前提に合ってない。本当は、もうちょっとイイ職場があるかと思ってたんだけどね。売り手市場っていうし。だけど現実は全然甘くなかったのだ。

 

まぁ、そんなワケで、転勤辞令が下りないかぎり、今の会社に骨をうずめる覚悟をしたのだった。チャンチャン。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
お前、偉そうなこと言ってるけど内定取れてないだけじゃん